高世 仁

名前 高世 仁
カナ タカセ ヒトシ

プロフィール

1953年山形県生まれ。ジャーナリスト。TV制作会社「ジン・ネット」代表。通信社特派員として1980年代から10年にわたり東南アジアに駐在し、社会問題を取材。97年、拉致被害者の横田めぐみさんを平壌で目撃したとの証言を日本に初めて紹介するなど、朝鮮半島に関する番組も多数制作している。著書に「拉致─北朝鮮の国家犯罪」(講談社文庫)「チェルノブイリの今─フクシマへの教訓」(旬報社DVD BOOK)「ジャーナリストはなぜ「戦場」に行くのか」(集英社新書・共著)ほか。