西尾 正道

名前 西尾 正道
カナ ニシオ マサミチ

プロフィール

函館市出身。1974年札幌医科大学卒業後、国立札幌病院・北海道地方がんセンター放射線科勤務。1988年同科医長。2004年4月機構改革により国立病院機構北海道がんセンターと改名後も同院に勤務し、08年4月同院長、13年4月国立病院機構北海道がんセンター名誉院長。同年4月より北海道医薬専門学校学校長、北海道厚生局臨床研修審査専門員(2016年3月まで)。1992年日本医学放射線学会優秀論文賞、2006年札幌市医師会賞、2007年北海道医師会賞・北海道知事賞受賞。 著書に『がん医療と放射線治療』(2000年4月、エムイー振興協会)、『がんの放射線治療』(2000年11月、日本評論社)、『放射線治療医の本音―がん患者2万人と向き合って―』(2002年6月、 NHK出版)、『今、本当に受けたいがん治療』(2009年5月、エムイー振興協会)、『放射線健康障害の真実』(2012年4月、旬報社)、『正直ながんのはなし』(2014年8月、旬報社)、『被ばく列島』(2014年10月、角川学芸出版)、その他、医学領域の専門学術論文・著書多数。