コンビニ加盟店ユニオン

名前 コンビニ加盟店ユニオン
カナ コンビニカメイテンユニオン

プロフィール

コンビニオーナーでつくる「コンビニ加盟店ユニオン」(約150店舗加盟)は、2009年、セブンイレブンが公正取引委員会より排除命令を受けたことをきっかけに結成。セブンイレブンとファミリーマートに対して、オーナー個々人と本部という「個としての交渉」ではなく、ユニオンと本部との「面としての交渉」を求め、岡山県労働委員会と東京都労働委員会で本部に団交応諾を命じる勝利命令を得る(現在、中央労働委員会で係争中)。賢い「見切り販売」の方法などもアドバイス。加盟店やその家族、従業員の生活を守るため、フランチャイズを規制する法整備を進めている。活動の一環として、インターネットの動画、ニコニコ生放送において「衝撃!コンビニの現場」を同ユニオンの提供、協力で放送、反響を呼ぶ。