銀行から融資を受ける前に読む

資金繰り表を活用した事業再生術

銀行から融資を受ける前に読む

売上げ重視から利益重視の経営へ。お金を借りようと思ったときが会社を変えるチャンスです! 大森雅美が指南する「逃げない」経営

著者 大森 雅美
ジャンル 単行本
■社会・労働・法律
出版年月日 2015/01/25
ISBN 9784845113941
判型・ページ数 4-6・144ページ
定価 本体1,200円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

大森雅美(おおもり・まさみ)
事業再生を得意とする経営コンサルタント。1970年生まれ。神奈川大学法学部卒業。株式会社アセットアシストコンサルタントのCEO兼統括コンサルタントとして日々活動中。著書に『あきらめるのは早すぎる―大森雅美の目からウロコの事業再生術』(2012年、旬報社)。

中小企業の経営者が、どうすれば情熱をもって経営に取り組めるようになるのかを日々研究し続け、情報を発信しながら私たちは活動しています。昨今の中小企業の経営環境は、とても厳しい状況にあります。為替の変動や、景気や政治に左右されるといった話だけでなく、仕事の取引先が、グローバル化の流れの中で変化し、受注先であった大手企業がコストパフォーマンスを求めて東アジア圏を中心に国外に生産・販売拠点を求めた結果、国内での生産や販売、消費は縮小傾向にあります。   
国の政策では、ものづくりを支援する制度が一方でありながら、国外への移転を支援する制度があります。どこか矛盾を感じます。最先端技術に支援する制度や転業支援の制度などは、利益が出せない中小企業の経営者に転業を促す制度なのか、と疑問すら感じます。長年技術を積んでいて年齢も高くなっている中小企業の経営者が多いなかで、儲からないからといって、新たな仕事に簡単に転業できるものではないというのが現実です。
税金に目を向ければ、消費税の増税は、売上そのものにかかってくるため、中小企業には経費化できない大きな現金の出費となります。さらに社会保険の料率も上がり続けています。個人にとっても、生活必需品の値上げや公共料金のアップで個人の可処分所得は下がっています。年金に目を向ければ、高齢者の受給年齢も年金額もさがり続け、将来に対する不安も増しています。不満や疑問に思うことはたくさんあります。
しかし、私たちはこの国で生きていきたいのです。だからこそ、日本の九九・七%を占める中小企業の経営者が、知識を得て、知恵を絞って、この本に出てくるような考え方を持ち、あきらめない、活力ある経営をしていく必要があると思っています。

日経新聞12月14日に広告掲載
日経新聞広告(PDF:1.2MB)
はじめに
第1章 資金繰りに困ったときの心構え
再生コンサルタントの最初の仕事―経営者のマインドコントロールを解く
罪悪感をもたない―資金繰りに困ったときの心構え?
逃げない―資金繰りに困ったときの心構え?
借り手と貸し手は対等
資金ショートにはまず「リスケジュール」を
「今月はちょっと払えない」と言う
困っているのは銀行
まずデューデリジェンスをおこなう
支払いの順番は「人・モノ・金」
本当に怖いのは銀行より国
大切な家族への対応―自宅は取られない
人の暮らしを守る

第2章 破産を考える前に尽くすべき手だて
破産するにもお金がかかる
弁護士はすぐに破産をすすめる
借金を払わないとどうなるか
真の取立人は誰になるのか
サービサーの仕組みと役割―借金が一〇分の一になることも
保証協会による代位弁済の仕組み
自己破産と廃業

第3章 事業に合った再生術がある
事業売上げがあるなら再生できる可能性はある
新会社設立で事業を救う
「破産」ではない会社のたたみ方
生活に必要なお金は差押えの対象外
再生手法としてのM&A
代表者の自宅を売却する必要はない
借金が不動産を守ってくれる場合
サービサーと保証協会との交渉―三〇〇〇万円の借金が二〇〇万円に
再チャレンジできる社会の実現を
保証協会に代位弁済された後の交渉で協力を得る
返済が滞ったときの法的手続き―督促から差押えまで
銀行が得か保証協会が得か

第4章 危機を予防するためにすべきこと 
大事なのは危機の早期発見・早期治療
デューデリジェンスの実際
赤字の月がぽろぽろ
毎月の「お金の流れ」をつかむ
「逃げる」ことから悲劇は始まる
まずは「リスケ」で態勢立て直し
資金繰り表が最重要資料
「売上げ重視」の落とし穴
事業継続のカギは資金繰り
黒字企業が倒産するわけ
資金繰り表の実際―自社用に作成する
優先順位は「人・もの・金」
危機の兆候?―資金繰りのために融資を申請した
危機の兆候?―会社に自己資金を投入した
危機の兆候?―漠然とした危機感を感じた

第5章 危機こそチャンスととらえる
危機がきっかけで「まとも」な経営に
再生にとって必要なのは?人材?
誤った思い込みでは「家族を守る」ことはできない
「離婚すれば財産を守れる」という誤解

第6章 再チャレンジできる世の中を
数値で見る日本の実態
みんなが?おかしい?と思っている再生現場
低迷する中小企業の経営
経済的要因で自殺する日本人
連帯保証人制度を改めよ
貸し手もリスクを負う
復活のチャンスをつぶすな

知っておきたい基礎知識
?銀行が損をしないマニュアル
?金融円滑化法
?黒字倒産
?自己破産
?自己破産は減っている!?
?自宅を守る方法?―「剰余」と「無剰余」
?自宅を守る方法?―リースバック
?決算書とは

おわりに

ご注文

1,200円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.11.14 PR

羽鳥慎一モーニングショーに、『空から宝ものが降ってきた!』の伊藤親臣さんが登場!

2017.11.07 イベント

『平常心のレッスン。』刊行記念 岡本美鈴さん講演会

2017.10.13 正誤

『ワークルール検定 初級テキスト』のお詫びと訂正

2017.08.31 正誤

『ワークルール検定 問題集2017年版』のお詫びと訂正

2017.07.24 正誤

『日本労働年鑑 第87集 2017年版』のお詫びと訂正

2017.05.30 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が毎日新聞に紹介されました。

2017.05.24 イベント

『がんで助かる人、助からない人』著者 近藤慎太郎先生が講演会を開催します。

2017.05.01 NEWS

本社移転のお知らせ

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が讀賣新聞に紹介されました。

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』著者上西充子先生のインタビュー原

2017.03.08 正誤

【正誤情報】『ニホンオオカミは消えたか?』のお詫びと訂正

2017.03.01 正誤

【正誤情報】『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』のお詫びと訂正

2017.02.17 イベント

【出版記念シンポジウム】大学生とワークルールを開催します。

2017.02.07 NEWS

労働法律旬報刊行時期の遅れについて

2017.01.30 PR

『ノーノー・ボーイ』が朝日新聞に紹介されました。

2017.01.25 NEWS

『ノーノー・ボーイ』に推薦文をいただきました。

2017.01.25 PR

『電通事件』が毎日新聞に紹介されました。

2017.01.12 正誤

【正誤情報】「ニホンオオカミは消えたか?」のお詫びと訂正

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が日本経済新聞に紹介されました。

2016.12.19 PR

「地域の誇りで飯を食う!」の記事が掲載されました

2016.12.13 PR

『調査報道ジャーナリズムの挑戦』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.08 PR

『ノーノー・ボーイ』が毎日新聞に紹介されました。

2016.12.01 PR

「冤罪弁護士」(今村核 著)がNHKで番組化されました

2016.11.19 NEWS

【お知らせ】 『珪藻美術館』は絶版となりました

2016.08.18 正誤

【正誤情報】『時間を取り戻す 長時間労働を変える人事労務管理』のお詫びと訂正

2016.05.24 NEWS

【ご注意】『築地の記憶』 が違法に電子ブック化されています

2016.05.02 PR

『時間を取り戻す』が「しんぶん赤旗」の書評欄(2016/5/1)に紹介されまし

2016.04.26 正誤

【正誤情報】『図説 労働の論点』のお詫びと訂正

2016.01.07 PR

『世界の社会福祉年鑑2015』が「月刊福祉2月号」に紹介されました。