近刊

貧困問題の新地平

〈もやい〉の相談活動の軌跡

貧困問題の新地平

ホームレス、ネットカフェ難民、女性の貧困。見えないものだった貧困が見えるものになった!

著者 丸山 里美 編著
ジャンル 単行本
■社会・労働・法律
■社会・労働・法律 > 社会
出版年月日 2018/02/01
ISBN 9784845115327
Cコード 0036
判型・ページ数 A5・188ページ
定価 本体1,600円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

2000年代に入って、日本では「貧困」が大きな社会問題になった。07年には“ネットカフェ難民”という言葉が流行語大賞のトップテンに入り、08年に起きたリーマンショックを発端とする「派遣切り」とその後の「年越し派遣村」は、メディアでも大きく取り上げられた。2001年に設立されたNPO法人自立生活センター・もやいは、こうした貧困問題の広がりと歩調を合わせるように、反貧困運動の中心的担い手として活動を続けてきた。
もやいがこれまで実施した生活相談の記録をもとに、日本の貧困がこの約15年間でどのように変化してきたか、そこからどのような問題点や課題が浮かび上がったか明らかになる。


 もやいの歩んできた道のりは、日本において貧困が広がり、それが問題化されていった過程と重なるものであり、もやいに相談を求めて集まる人びとの姿は、日本の貧困の縮図であるといえるだろう(本書「はじめに」より)。

◆もやいの生活相談記録からわかったこと
●もやいの相談者の姿をとらえることで、日本で貧困が問題化していく過程を知ることができた。
●「ネットカフェ難民」や知人宅に居候する人など、広い意味での「ホームレス」の人たちの存在を知ることができた。
●30代以下の若者が3割、女性が1割を占めるもやいの相談者。いま深刻化している若者の貧困や女性の貧困が、中高年や男性の貧困とどのように違うのかを知ることができた。
● もやいの相談者には、一度は生活保護などの公的支援を受けたことがあるにもかかわらず、それが途切れた状態で相談に来る人が3割含まれている。こうした人々を通じて、なぜ公的支援が生活の安定につながらなかったのか、現在の公的支援の制度にどのような問題があるのかを検討する材料になる。

◆編著者紹介
*丸山 里美(まるやま さとみ) 立命館大学産業社会学部准教授
*大西  連(おおにし れん) 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長
*結城  翼(ゆうき つばさ) 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 生活相談・支援事業コーディネーター
*北川由紀彦(きたがわ ゆきひこ) 放送大学教養学部准教授
*後藤 広史(ごとう ひろし) 日本大学文理学部准教授
*山口 恵子(やまぐち けいこ) 東京学芸大学教育学部准教授
*大塚健太郎(おおつか けんたろう) 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいボランティア
*湯浅  誠(ゆあさ まこと) 社会活動家・法政大学現代福祉学部教授
*仁平 典宏(にへい のりひろ) 東京大学大学院教育学研究科准教授


◆編集協力団体紹介
 特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい
 都内の野宿者支援の有志により2001年に任意団体として結成され、2018年で設立18年目となる(2003年NPO法人化、2014年認定取得)。路上生活をしていた人々の連帯保証の引き受けに始まり、活動の幅を広げてきた。これまでに連帯保証と緊急連絡先をあわせて約3000件引き受け、毎年4000件の生活相談を引き受けているほか、地域に開かれたカフェや女性・若者のための居場所作りに取り組んでいる。また、「貧困を社会的に解決する」というミッションの達成に向けて、セミナーや講演を通じて広く貧困問題を社会的に発信するほか、行政や政党に対する政策提言を行っている。
第1部 貧困はどう変わったのか
 第1章 もやいの歩みと日本の貧困
     はじめに
     1 もやいとは
     2 相談者の変遷
     3 相談員/相談体制の変化
     4 社会環境、政治状況の変化と制度改正
     5 「貧困」をめぐる変化ともやい
     6 もやいの今後とデータ分析という武器
【コラム1】もやいの日常活動
【コラム2】生活相談とは
 第2章 もやいの活動から見える貧困——単純集計・類似調査との比較・相談者の変化
     1 基本集計および類似データとの比較
     2 相談者の変化
     3 経年変化のまとめ——困難度が高まる相談者

第2部 貧困のかたち もやい相談者の実像
 第3章 「ホームレス問題」の多様性——「広義のホームレス」の実態と福祉制度
     はじめに
     1 「広義のホームレス」とは誰か
     2 「広義のホームレス」の属性
     3 就労状況と性別に見る「不安定居住」に至るルート
     4 過去の福祉制度との関係
     5 相談後の居所
     6 まとめにかえて——「広義のホームレス」に対する福祉制度の課題
 第4章 仕事と生活から見た貧困——働くことの困難・働けないことの困難
     1 仕事・生活の実態から見る貧困
     2 相談者はどのような仕事でどのように働いているのか
     3 相談者にとって働くということ——相談者の生活のなかの仕事
     4 小  括——不安定の制度化のなかで
 第5章 若年層の貧困の特徴——若者たちの生きづらさ
     はじめに
     1 若者相談者の状況
     2 労働市場と若者——機会と搾取
     3 家族という桎梏
     おわりに
 第6章 女性の貧困の特徴——女性は貧困にもなれない?
     はじめに
     1 量的データから見る女性の貧困
     2 事例から見る女性の相談
     3 女性の貧困の特徴
 第7章 繰り返される支援——公的支援との接合
     はじめに
     1 過去の公的支援利用経験者の特徴
     2 生活保護・自立支援事業の廃止理由
     3 制度利用経験と疾病状態
     4 複数回の制度利用経験
     小  括
【コラム3】相談者から見たもやい——当事者へのインタビュー

第3部 貧困問題の過去と未来
 第8章 対談 貧困はどのように問題化されていったのか
     貧困問題との出会い/ホームレス支援を始める/日雇運動の空気感/学生ボランテ
     ィアから運動へ/ホームレス問題との出会い/もやいの源流/貧困と言い始める/
     もやいがメディアに出始める/派遣村の影響/貧困ブームは終わったか/安倍政権
     下での貧困問題/もやいの役割は終わったか/極限事例を打ち出すことの功罪/相
     対的貧困という概念/社会という感覚/普遍的なセキュリティ/貧困は経済的な問
     題だけではない/これからの貧困問題の語り方/奪われがたい人権
【コラム4】もやいのこれから

おわりに

年譜 もやいの設立から現在まで

ご注文

1,600円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.07.17 PR

『千年のたんぼ』の著者石井里津子さんが「聖教新聞」に寄稿されました。

2018.07.10 PR

『アイダ・ターベル』が日刊ゲンダイに紹介されました。

2018.07.10 PR

『貧困問題の新地平』の書評が「貧困研究」に掲載されました。

2018.07.06 PR

『アイダ・ターベル』が茨城新聞に紹介されました。

2018.07.06 PR

『貧困問題の新地平』がシルバー新報に紹介されました。

2018.06.28 正誤

労働法律旬報1913号(6月上旬号)、1914号(6月下旬号)のお詫びと訂正

2018.05.01 PR

『いま地域医療で何が起きているか』が雑誌「経済」に紹介されました。

2018.04.24 PR

『貧困問題の新地平』がしんぶん赤旗に紹介されました。

2018.04.19 PR

雑誌「土地改良」4月号に『千年の田んぼ』著者石井里津子さんが寄稿されました。

2018.04.19 PR

『千年の田んぼ』が宇部日報に紹介されました。

2018.04.19 PR

『みんなでつくるフェノロジーカレンダー』が日本農業新聞に紹介されました。

2018.04.12 PR

『プロテストソング』が新婦人しんぶんに紹介されました。

2018.04.10 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が朝日新聞に紹介されました。

2018.03.30 正誤

『21世紀国際社会を考える』のお詫びと訂正

2018.03.28 正誤

労働法律旬報1907号(3月下旬号)のお詫びと訂正

2018.03.27 PR

『労働法実務解説10』が「しんぶん赤旗」に紹介されました。

2018.03.16 PR

『21世紀国際社会を考える』が東海大学観光学部「学部ニュース」に紹介されました。

2018.03.16 PR

『情熱は磁石だ』が毎日新聞に紹介されました。

2018.03.16 PR

『貧困問題の新地平』が福祉新聞に紹介されました。

2018.03.07 イベント

3月11日『情熱は磁石だ』の著者 荒井秀樹がNHKラジオ深夜便に登場しました。

2018.02.23 採用

営業職、編集職を募集します

2018.02.14 PR

2月14日『情熱は磁石だ』の著者 荒井秀樹がラジオに登場しました。

2018.02.07 正誤

『生き物対決スタジアム ①宿命のライバル対決』のお詫びと訂正

2018.01.31 PR

『学校が消える』がしんぶん赤旗に紹介されました。

2018.01.31 PR

『情熱は磁石だ』が北海道新聞、読売新聞で紹介されました。

2017.12.27 イベント

『地方に生きる若者たち』が「議会と自治体」2018年1月号で紹介されました。

2017.12.27 PR

『情熱は磁石だ』が週刊朝日の「注目の本棚」で紹介されました。

2017.11.14 PR

羽鳥慎一モーニングショーに、『空から宝ものが降ってきた!』の伊藤親臣さんが登場!

2017.11.07 イベント

『平常心のレッスン。』刊行記念 岡本美鈴さん講演会

2017.10.13 正誤

『ワークルール検定 初級テキスト』のお詫びと訂正

2017.08.31 正誤

『ワークルール検定 問題集2017年版』のお詫びと訂正

2017.07.24 正誤

『日本労働年鑑 第87集 2017年版』のお詫びと訂正

2017.05.30 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が毎日新聞に紹介されました。

2017.05.24 イベント

『がんで助かる人、助からない人』著者 近藤慎太郎先生が講演会を開催します。

2017.05.01 NEWS

本社移転のお知らせ

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が讀賣新聞に紹介されました。

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』著者上西充子先生のインタビュー原

2017.03.08 正誤

【正誤情報】『ニホンオオカミは消えたか?』のお詫びと訂正

2017.03.01 正誤

【正誤情報】『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』のお詫びと訂正

2017.02.17 イベント

【出版記念シンポジウム】大学生とワークルールを開催します。

2017.02.07 NEWS

労働法律旬報刊行時期の遅れについて

2017.01.30 PR

『ノーノー・ボーイ』が朝日新聞に紹介されました。

2017.01.25 NEWS

『ノーノー・ボーイ』に推薦文をいただきました。

2017.01.25 PR

『電通事件』が毎日新聞に紹介されました。

2017.01.12 正誤

【正誤情報】「ニホンオオカミは消えたか?」のお詫びと訂正

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が日本経済新聞に紹介されました。

2016.12.19 PR

「地域の誇りで飯を食う!」の記事が掲載されました

2016.12.13 PR

『調査報道ジャーナリズムの挑戦』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.08 PR

『ノーノー・ボーイ』が毎日新聞に紹介されました。

2016.12.01 PR

「冤罪弁護士」(今村核 著)がNHKで番組化されました

2016.11.19 NEWS

【お知らせ】 『珪藻美術館』は絶版となりました

2016.08.18 正誤

【正誤情報】『時間を取り戻す 長時間労働を変える人事労務管理』のお詫びと訂正

2016.05.24 NEWS

【ご注意】『築地の記憶』 が違法に電子ブック化されています

2016.05.02 PR

『時間を取り戻す』が「しんぶん赤旗」の書評欄(2016/5/1)に紹介されまし

2016.04.26 正誤

【正誤情報】『図説 労働の論点』のお詫びと訂正

2016.01.07 PR

『世界の社会福祉年鑑2015』が「月刊福祉2月号」に紹介されました。