新刊

あがり症は治さなくていい

大切なことはアドラーと森田正馬に教えてもらった

あがり症は治さなくていい

これはまさに誌上カウンセリング。 本を開けばきっと変われる!  アドラー心理学+森田療法による 「あがり症」改善法

著者 佐藤 健陽
ジャンル 単行本
■生活実用・趣味
出版年月日 2018/02/26
ISBN 9784845115341
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 未刊・予約受付中

この本に関するお問い合わせ・感想

これはまさに〝誌上カウンセリング〟本を開けば、きっと変われる!
アドラー心理学+森田療法によるまったく新しい「あがり症」改善法

国内に推定300万人ともいわれる「あがり症」。
とくに日本人は緊張や不安感に悩む人が多いとされます。
投薬から呼吸法、話し方教室まで数多くの改善アプローチがあるものの、多くは対症療法で根本的な解決にはなりません。
あがり症とは、治そうとすればするほど悪化する「逆説の病」。
著者はそう位置づけ、「あるがままを受け入れる」ことで、数多くの改善実績を上げてきました。
アルフレッド・アドラーと森田正馬の教えが生んだ、あがり症克服の新しい一歩となる注目の書です。


はじめまして。佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表の佐藤健陽です。
私はカウンセリングの仕事をしていますが、それよりも自分が長いあいだ、あがり症に苦しんで、
やがてそれを克服し、なのにいまでもたびたび緊張してしまう――あまり自慢できないことですね――、
おそらく、あなたのごく近くにいる人間だと思うのです。
これから、いっしょにあがり症のお話をしませんか。
私はあなたの症状をとりのぞくことはできないのですが、あなたの悩みなら、
やわらげることも、なくしてしまうことだって、きっとできると考えています。
けれども、すぐ近くにいるはずなのに、私にはあなたが見えません。
あなたがどのようにあがってしまうのか、教えてもらえたらいいのに。
そこで、たくさんお話をするまえに、ひとつお願いがあるのです。
いま、あがってみてもらえませんか。
そう、あなたがいつも困っていることを、ここでやってもらいたいのです。

どうでしょう。しっかりとあがることができたでしょうか。
ああ、そんなことできるわけない、と。
まあ、そうでしょう。普通はそんなことできませんね。でも、どうか怒らないでください。
いじわるでこんなお願いをしたのではないのです。
自分の意思であがることは、絶対にあがらないようにするのとおなじで不可能なことです。
できそうに思えても、けっしてできない。ちょうど自分のひじを噛むようなものかもしれません。
それなのに多くの人はあがらないという不可能をこころみて、その結果、苦しんでしまうのです。
これからあなたと、どうすれば苦しまないかを考えたいと思います。
苦しくなければ、あがり症なんて少しもこわくありませんからね。
そうなったら――この本のあとのほうで、あがり症を克服できたときに、
世界はこんなふうに見えるかもしれない、なんてこともお話しようと思います。
もしかしたら、あなたがあがり症であることに意味があるかもしれません。
あがり症だからこそ考えられること、できること、それを見つけたいものです。

「プロローグ」より抜粋
プロローグ では、あがってみましょうか

第1章 なぜあがってしまうのだろう
・あがってはいけないの ・おそれと後悔 ・事実はそれほど悪くない
・みんなが私を見ている ・周囲はすべて敵ですか ・私は可能性のなかに生きる
・あがらないことが目標となるとき ・あがり症でなかったら コラム:あがり症の特徴

第2章 私の対人恐怖体験
・まちがいのない自分 ・ひとりだけの苦しみ ・あがり症は治らないよ
・毎日すこしずつ成功する ・想像することは実現する ・感情がわからなくなる
・自分自身とひとつになる ・ものの見方はすぐに変えられる
コラム:森田療法とアドラー心理学

第3章 あがり症とつきあう方法
・うまくしゃべってはいけません ・あがり症がひっくりかえる
・考える前に行動しましょう ・自分が消えていく ・正しく欲望に向かって
・勇気はどこから ・手がふるえてしまうときは ・不完全だと思えること
・朝顔の花が咲く理由 コラム:あがり症克服へ 十の秘訣

第4章 あがり症のあなただからできること
・あがり症の人は生きる力をもっている ・目的と価値を見つけたとき
・劣等感をバネによりよい人生を ・人とのつながりが力となる
・毎日五つの感謝 ・与えることで与えられる ・人を感動させるのは優れた人物ではない
・あがり症を経験する意味は何か コラム:あがり症の克服像

エピローグ あがり症はさておき、あなたはどうなりたいですか

ご注文

1,500円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.02.14 PR

2月14日『情熱は磁石だ』の著者 荒井秀樹がラジオに登場しました。

2018.02.07 正誤

『生き物対決スタジアム ①宿命のライバル対決』のお詫びと訂正

2018.01.31 イベント

『貧困問題の新地平』の出版記念報告会が3月21日(水・祝)に開催されます。

2018.01.31 PR

『学校が消える』がしんぶん赤旗に紹介されました。

2018.01.31 PR

『情熱は磁石だ』が北海道新聞、読売新聞で紹介されました。

2017.12.27 イベント

『地方に生きる若者たち』が「議会と自治体」2018年1月号で紹介されました。

2017.12.27 PR

『情熱は磁石だ』が週刊朝日の「注目の本棚」で紹介されました。

2017.11.14 PR

羽鳥慎一モーニングショーに、『空から宝ものが降ってきた!』の伊藤親臣さんが登場!

2017.11.07 イベント

『平常心のレッスン。』刊行記念 岡本美鈴さん講演会

2017.10.13 正誤

『ワークルール検定 初級テキスト』のお詫びと訂正

2017.08.31 正誤

『ワークルール検定 問題集2017年版』のお詫びと訂正

2017.07.24 正誤

『日本労働年鑑 第87集 2017年版』のお詫びと訂正

2017.05.30 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が毎日新聞に紹介されました。

2017.05.24 イベント

『がんで助かる人、助からない人』著者 近藤慎太郎先生が講演会を開催します。

2017.05.01 NEWS

本社移転のお知らせ

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』が讀賣新聞に紹介されました。

2017.03.14 PR

『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』著者上西充子先生のインタビュー原

2017.03.08 正誤

【正誤情報】『ニホンオオカミは消えたか?』のお詫びと訂正

2017.03.01 正誤

【正誤情報】『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』のお詫びと訂正

2017.02.17 イベント

【出版記念シンポジウム】大学生とワークルールを開催します。

2017.02.07 NEWS

労働法律旬報刊行時期の遅れについて

2017.01.30 PR

『ノーノー・ボーイ』が朝日新聞に紹介されました。

2017.01.25 NEWS

『ノーノー・ボーイ』に推薦文をいただきました。

2017.01.25 PR

『電通事件』が毎日新聞に紹介されました。

2017.01.12 正誤

【正誤情報】「ニホンオオカミは消えたか?」のお詫びと訂正

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.27 PR

『ノーノー・ボーイ』が日本経済新聞に紹介されました。

2016.12.19 PR

「地域の誇りで飯を食う!」の記事が掲載されました

2016.12.13 PR

『調査報道ジャーナリズムの挑戦』が東奥日報に紹介されました。

2016.12.08 PR

『ノーノー・ボーイ』が毎日新聞に紹介されました。

2016.12.01 PR

「冤罪弁護士」(今村核 著)がNHKで番組化されました

2016.11.19 NEWS

【お知らせ】 『珪藻美術館』は絶版となりました

2016.08.18 正誤

【正誤情報】『時間を取り戻す 長時間労働を変える人事労務管理』のお詫びと訂正

2016.05.24 NEWS

【ご注意】『築地の記憶』 が違法に電子ブック化されています

2016.05.02 PR

『時間を取り戻す』が「しんぶん赤旗」の書評欄(2016/5/1)に紹介されまし

2016.04.26 正誤

【正誤情報】『図説 労働の論点』のお詫びと訂正

2016.01.07 PR

『世界の社会福祉年鑑2015』が「月刊福祉2月号」に紹介されました。