教育をつくる (民主主義の可能性)

立ち読み

立ち読み機能について

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

片岡洋子・久冨善之・教育科学研究会 編

A5判並製/184頁
定価 本体1,500円+税
発行日 2015年8月25日
ISBN 9784845114160 C0037

教育の民主主義を創造する— 民主主義が「選ばれた独裁」に姿を変え、平和の名で「戦争ができる国」へと傾く時代に、あらためて問われる“教育”の重要性。

著者紹介

【編者】
片岡洋子(かたおか・ようこ)
1955年生まれ。東京都立大学人文学部卒業。千葉大学教授。現在、教育科学研究会常任委員。専門は、教育学、ジェンダー・人権教育、生活指導論など、子どもたちが自分を表現し相互理解しながら自己形成するための教育実践について研究。

久冨善之(くどみ・よしゆき)
1946年生まれ。東京大学教育学部卒業。一橋大学名誉教授。現在、教育科学研究会常任委員。専門は教育社会学、学校文化・教員文化論で、教師の仕事、その独特の難しさと乗り切りにまつわって生じる文化を研究。著書に『競争の教育』(旬報社)、『教師の専門性とアイデンティティ』(編著、勁草書房)など多数。

教育科学研究会
教育科学研究会(略称・教科研)は、教育の現場(学校や園、家庭や地域)で起こっている現実を見すえながら、子どもの未来と教育のあり方について、教職員、保護者、指導者、学生、研究者などが共に考えあい、実践・研究しあう自主的民間団体。1937年結成、1952年再建。雑誌『教育』(かもがわ出版)は、教科研が編集する月刊の民間教育誌。

主な目次

はじめに 教育の民主主義を問いつづける
若手教師たちの今を聴き、希望を考える—— 「管理=困難」と「自由=希望」はまだら模様  霜村三二
私の「教育の民主主義」づくり実践  佐藤 博
子どもの権利と教育の民主主義——子どもの声に耳を傾けること  片岡洋子
学校をめぐる「抑圧」と「民主主義」  久冨善之
一年生と生きる  大江未来
中学生とともにつくる授業・学級・学校  制野俊弘
ブックガイド 子どもといっしょに学ぶ民主主義  川上蓉子
民主主義なんかいらない?  中西新太郎
憲法の平和と民主主義をめぐる攻防の70年  渡辺 治
ブックガイド 民主主義と教育を考える  中村(新井)清二
おわりに 教育の民主主義を創造しつづけよう

連想検索によるこの本に関連する書籍

いじめと向きあう

いじめと向きあう

教育科学研究会 編

子どものケガをとことんからだで考える

子どものケガをとことんからだで考える

野井真吾

格差社会における家族の生活・子育て・教育と新たな困難

格差社会における家族の生活・子育て・教育と新たな困難

長谷川 裕 編著

学びへのウォーミングアップ

学びへのウォーミングアップ

渡部淳+獲得型教育研究会 編