きょうしつのつくり方

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

原案 岩瀬直樹/絵 荻上由紀子/監修 プロジェクトアドベンチャージャパン

180ミリ×210ミリ上製/52頁
定価 本体1,500円+税
発行日 2015年11月25日
ISBN 9784845114306 C0037

どんな“きょうしつ”なら、子どもも先生も幸せなんだろう? 立ち止まってじっくり考えてみませんか? 考えながら・迷いながら、あなたの目指す“きょうしつ”の姿をみつけだす

著者紹介

【原案】
岩瀬直樹(いわせ・なおき)
1970年生まれ。東京学芸大学教職大学院准教授(学級経営論、教師教育、授業づくり)。元埼玉県公立小学校教諭。子どもも先生も幸せになる学校づくり、授業づくりのお手伝いをしていきます!

【絵】
荻上由紀子(おぎうえ・ゆきこ)
1977年生まれ。工業デザインを学んだ後、独学でイラストレーションを学ぶ。おもに人物を対象とした水彩画を制作している。

【鼎談】
苫野一徳(とまの・いっとく)
1980年生まれ。熊本大学教育学部講師。博士(教育学)。多様で異質な人たちが、どうすればお互いに了解し承認しあえるか、探究しています。著書に、『教育の力』(講談社現代新書)、『勉強するのは何のため?』(日本評論社)など。

寺中祥吾(てらなか・しょうご)
1984年生まれ。プロジェクトアドベンチャージャパントレーナー。2014年度よりPA研修会「クラスのちからを生かす」を企画。今の自分に挑むアドベンチャーに、わくわくできる教室づくりの応援をしています!

【監修】
プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)
1995年、設立(代表・林壽夫)。Outward Bound(アウトワード・バウンド)という冒険教育の実践と考え方を学校教育に持ち込むために生まれたプロジェクトアドベンチャー(PA)を、日本において普及、展開している団体。学校教育分野以外にも、企業研修、スポーツチームのチームビルディングなど、様々な分野で展開されている。「アドベンチャー」のちからを使って、人と人との信頼関係を築き、その土台の上で一人ひとりの成長を支えることで、「器の大きな社会の実現」を目指す。

著者からのメッセージ

きょうしつはけっして、「ひとつのかたまり」ではありません。
そこにはそれぞれの成長の物語があります。
そこにいる一人ひとりの「こうしたい!」が重なったり、ぶつかったりしながらカタチづくられていきます。

1ページ、1ページ、じっくり参観して、一人ひとりが何を考え、何を感じ、どのように影響しあいながら、「みんなのきょうしつ」をつくっていっているかを想像してみてください。

連想検索によるこの本に関連する書籍

せんせいのつくり方

せんせいのつくり方

岩瀬直樹+寺中祥吾 著  プロジェクトアドベンチャージャパン 監修

子どものケガをとことんからだで考える

子どものケガをとことんからだで考える

野井真吾

子どものやる気を引き出す7つのしつもん  スポーツメンタルコーチに学ぶ!

子どものやる気を引き出す7つのしつもん  スポーツメンタルコーチに学ぶ!

藤代圭一

子どもの身体力の基本は遊びです

子どもの身体力の基本は遊びです

汐見稔幸