賃金 (労働法実務解説2)

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

小川英郎

A5並製/220頁
定価 本体2,200円+税
発行日 2016年2月 1日
ISBN 9784845114368 C3032

安定的な生活を維持できる賃金の確保を! 
賃金の決定・変更から、一時金・退職金、賃金格差の是正、そして倒産時の賃金の確保まで。
経験豊かな第一線の弁護士が最新の法律と裁判例を解説する実務家必備の一冊!

著者紹介

小川英郎(おがわ ひでお)
弁護士。日本労働弁護団所属(常任幹事)。
京都大学法学部卒業。共同通信社勤務を経て、1997年弁護士登録。労働事件を主に手がける。主な担当事件に、日本マクドナルド事件(管理職の残業代)、阪急トラベルサポート事件(事業場外労働)、東芝うつ病解雇事件、市進学院事件(塾講師の雇い止め)などがある。著作として、『法律がわかる事典』〈共著〉(日本実業出版社、2002年)、『労働基準法がわかる事典』(日本実業出版社、2004年)、『働く人のための労働時間マニュアルVer2』〈共著〉(日本労働弁護団、2015年)、『働くって? 働くことに関する45のQ&A』(労働開発研究会、2007年)、論点体系判例労働法2〈共著〉(第一法規、2014年)など。

主な目次

第1章 賃金の意義
1 賃金の意義
2 最低賃金
3 平均賃金
4 年次有給休暇と賃金

第2章 賃金支払いに関する諸問題
1 賃金支払いの原則と労基法上の労働者保護規定
2 休業と賃金
3 減給の制裁と賃金のカット
4 損害賠償の予定(留学研修費用の返還)
5 解雇期間中の賃金と中間収入
6 その他(時効など)

第3章 賃金の決定と変更
1 賃金の決定
2 個別合意による賃金の変更
3 配転・降格にともなう賃金減額
4 就業規則変更による賃金の切下げ
5 労働協約締結による賃金の変更
6 年俸制における賃金の変更

第4章 割増賃金
1 割増賃金の意義
2 割増賃金の計算
3 変形労働時間制と割増賃金
4 みなし労働時間制と割増賃金
5 適用除外(管理監督者)
6 固定残業代・年俸制と割増賃金
7 割増賃金の請求実務

第5章 賞与・一時金
1 賞与・一時金の意義と請求権
2 支給日在籍要件

第6章 退職金
1 退職金の法的性格
2 退職金の没収・減額
3 自己都合退職と会社都合退職
4 早期退職優遇制度
5 中退共

第7章 賃金支払いの確保
1 賃金不払い事件への対応
2 倒産前の賃金確保
3 法律上の倒産手続内での賃金確保
4 未払賃金の立替払制度

連想検索によるこの本に関連する書籍

<!--え-->労働時間・休日・休暇

労働時間・休日・休暇

棗 一郎

<!--か-->退職・解雇

退職・解雇

君和田伸仁

<!--き-->女性労働・パート労働・派遣労働 

女性労働・パート労働・派遣労働 

宮里邦雄・古田典子・秦 雅子

<!--い-->労働契約・有期労働契約

労働契約・有期労働契約

水口洋介