退職・解雇 (労働法実務解説5)

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

君和田伸仁

A5並製/214頁
定価 本体2,200円+税
発行日 2016年2月 1日
ISBN 9784845114399 C3032

客観的合理性・社会的相当性のない解雇は無効です! 
突然の解雇から、有期雇用の雇止めや派遣労働の途中解約、そして定年後の継続雇用問題まで。
経験豊かな第一線の弁護士が最新の法律と裁判例を解説する実務家必備の一冊!

著者紹介

君和田伸仁(きみわだ のぶひと)
弁護士。日本労働弁護団所属(常任幹事)
中央大学法学部卒。1992年4月、弁護士登録。2005年1月から東京労働局・紛争調整委員。主著に『労働審判制度――その仕組みと活用の実際』〈共著〉(日本法令、2005年)、『スピード解説 手軽に使える労働審判制度』(東洋経済新報社、2007年)などがあるほか、日本労働弁護団発行の『労働相談実践マニュアル』、『労働審判マニュアル』の編集責任者を務める。

主な目次

第1章 解雇に対する法令上の制限
1 解雇とは
2 解雇に対する法令上の制限
3 就業規則、労働協約の条項と解雇の有効性
4 解雇予告義務

第2章 解雇理由の類型ごとの留意点
1 労働者の落ち度(ミス、非違行為)を理由とする普通解雇
2 企業秩序違反に対する懲戒解雇・諭旨解雇
3 労働者の能力・適性欠如(不足)を理由とする解雇
4 私傷病による能力欠如を理由とする解雇
5 整理解雇
6 会社解散と解雇
7 不当労働行為解雇

第3章 解雇権濫用法理の応用
1 試用期間と解雇(本採用の拒否) 
2 採用内定取消し
3 有期雇用と契約期間途中の解雇
4 定年制と再雇用拒否
5 派遣労働と解雇
6 変更解約告知

第4章 有期労働契約と雇止め
1 有期労働契約と契約期間の制限
2 黙示の更新と更新後の契約期間
3 雇止めに対する制限

第5章 退職勧奨、合意退職、辞職をめぐる問題点
1 退職勧奨と退職強要
2 退職の意思表示の撤回
3 退職の意思表示の取消し、無効
4 辞職の問題点(退職の自由) 

第6章 解雇紛争の解決の実際
1 労働者としての基本的な対処法
2 解決に向けた裁判外紛争処理機関の活用
3 裁判制度の活用
4 解決のパターン――復職による解決と金銭による解決
5 判決型の解決
6 和解型の解決
7 解雇と損害賠償
8 労働契約の終了と雇用保険
9 労働契約の終了と社会保険(健康保険、厚生年金)

連想検索によるこの本に関連する書籍

<!--き-->女性労働・パート労働・派遣労働 

女性労働・パート労働・派遣労働 

宮里邦雄・古田典子・秦 雅子

<!--し-->ユニオンへの加入・結成と活用

ユニオンへの加入・結成と活用

鴨田哲郎

<!--え-->労働時間・休日・休暇

労働時間・休日・休暇

棗 一郎

<!--い-->労働契約・有期労働契約

労働契約・有期労働契約

水口洋介