私立中学・高校 生活指導の法律相談 (教育現場と法の対話)

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

八塚憲郎・山崎哲央・横松昌典 編著

四六判並製/184頁
定価 本体2,000円+税
発行日 2016年3月31日
ISBN 9784845114597 C0037

全国の学校現場では、人間関係の日常的なトラブル、いじめ、暴力を伴うけんかなど、さまざまな問題が起こっている。生徒の権利を守り、安心した教育活動を続けるために、私学の学校現場における生活指導の法的責任と対応を明らかにする。

著者紹介

◆編著者
八塚憲郎(やつづか・けんろう)
1959年東京都生まれ。海城中学高等学校教諭。
2010年より、同校生活指導部長。著書『自分をつくるテツガク』旬報社(編著)など。
山崎哲央(やまざき・のりお)
1972年埼玉県生まれ。弁護士・虎門中央法律事務所。
2014年より、東京弁護士会綱紀委員会委員。著書『取引の相手方と金融実務(改訂版)』金融財政事情研究会(共著)など。
横松昌典(よこまつ・まさのリ)
1960年福岡県生まれ。弁護士・横松総合法律事務所
第2東京弁護士会「高齢者・障がい者総合支援センター」運営委員会・元委員長
著書『最新暮らしの法律相談ハンドブック』旬報社(共著)など。

◆第2部担当者
藤原家康 1976年生まれ 弁護士 藤原家康法律事務所(ケース1・2)
今井優仁 1978年生まれ 弁護士 窪田法律事務所(ケース3・4)
小川嘉之 1978年生まれ 弁護士 羽田総合法律事務所(ケース5・6)
金 哲敏 1978年生まれ 弁護士 シティユーワ法律事務所(ケース7・8)

主な目次

第1部 学校現場と法の間
1思春期の生徒たちと生活指導
 思春期の反抗期と自立の課題
 授業という枠組の活用
 日常を手放さない
2学校現場からの相談ファイル
 ファイル1 ネット利用の罠を知っているか?
 ファイル2 いじめは、ほんとうに根絶できるのか?
 ファイル3 学校は今、近所から迷惑施設になっている?
 ファイル4 学校のルールと特別指導をどう考えるか?
 ファイル5 学校内の生徒のけがをどう見るか?


第2部 学校内外の生活問題と法
ケース1 キセル乗車
Q「キセル乗車」とは何ですか。
Qキセル乗車した場合には、どのようなことになりますか。
Q各鉄道会社からキセル乗車をした生徒について、これまでの余罪を含めた学校の調査内容について提供を求められた場合、学校はどのようなスタンスで対応するべきなのでしょうか。

ケース2児童虐待 
Q児童虐待の具体的な意味は何でしょうか。
Q生徒が家庭で親から虐待を受けている疑いがある場合、学校はどのように対応すべきでしょうか。
Q今回のようなケースの場合、学校側が具体的にとるべき内容や手順について、教えてください。

ケース3 自転車事故
Q自転車事故を起こした場合、事故を起こした生徒にはどのような責任が発生しますか。
Q生徒が自転車事故を起こした場合、保護者や学校は被害者に対して損害賠償責任を負うことになるのでしょうか。
Q保護者や学校としては、自転車事故に備え普段からどのようなことに注意しておけばよいでしょうか。

ケース4 窓ガラスの破壊・落書き・放火
Q生徒が校内の物を壊し、落書きし、火をつけて燃やした場合は、どのような責任が発生しますか。
Qこのようなケースの場合、保護者が法的な損害賠償責任を負うことになるのでしょうか。

ケース5 盗撮
Q盗撮とはどのような犯罪ですか。
Q生徒が盗撮の加害者となった場合の被害者とのやり取りについて教えてください。
Q生徒が盗撮の画像や動画をインターネット上にダウンロードして保存しているような場合や、たとえばインターネット上で知り合った異性に、卑隈な写真をメールで送らせたりした場合は、どのような罪にあたるのでしょうか。

ケース6 万引き 
Qどのようなものが窃盗にあたりますか。
Q窃盗をした場合の責任について教えてください。
Q生徒が窃盗の加害者となった場合の被害者とのやり取りについて教えてください。
Q校内の窃盗と校外の窃盗の違いはありますか。

ケース7 痴漢
Q痴漢とはどのような犯罪ですか。
Q痴漢をした場合の責任について教えてください。
Q痴漢の加害者となった生徒は、どうなりますか。
Q逆に、生徒が痴漢の被害者となった場合は、どのようなことが求められるのでしょうか。
Q痴漢の被害者となった生徒は、裁判所で証言をしなければなりませんか。

ケース8 家庭裁判所
Q学校紹介書とは、どのような書類ですか。
Q学校紹介書には、学校としてどの程度の回答をすればよいのでしょうか。
Q家庭裁判所から、少年鑑別所にいる生徒に対しての面会や審判への出席を学校として求められたのですが、どのように対応すべきでしょうか。
Q生徒の付添人である弁護士から、審判に提出する証拠書類として生徒の事件後の学校での生活状況や生徒指導の状況についての報告書を求められたのですが、どうすればよいでしょうか。
Q警察から、在学中の生徒が逮捕されたという連絡があった場合、どのように対応すればよいでしょうか。

連想検索によるこの本に関連する書籍

自分をつくるテツガク

自分をつくるテツガク

八塚憲郎+萩倉良 編著

教育をつくる

教育をつくる

片岡洋子・久冨善之・教育科学研究会 編

不登校からの旅立ち

不登校からの旅立ち

今泉博

いじめと向きあう

いじめと向きあう

教育科学研究会 編