図説 労働の論点

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

高橋祐吉・鷲谷 徹・兵頭淳史・赤堀正成 編著

46版並製/192頁
定価 本体1,500円+税
発行日 2016年4月26日
ISBN 9784845114627 C0036

働くことをめぐって現在問題になってる29の項目を象徴的なグラフや表を用いながら分かりやすく解説する。就職活動に翻弄されているかのように見える現代の若者たちが、自らの人生を左右することになる労働問題に興味を持ち、その理解を深めてもらうことを目的とする。

著者紹介

編著者
高橋祐吉(専修大学経済学部教授)
鷲谷 徹(中央大学経済学部教授)
兵頭淳史(専修大学経済学部教授)
赤堀正成(専修大学社会科学研究所研究員)
著者
石井まこと(大分大学経済学部教授)
須田光照(全国一般東京東部労働組合書記長・NPO法人労働相談センター副理事長)
神部 紅(首都圏青年ユニオン書記長)

主な目次

はじめに-働くことと生きること
第1章 「働く」ことを見直す
 1 「働く」ということ
 2 「働けない」ということ
 3 「働かない」ということ
 4 終身雇用はどう変わったのか
 5 増え続ける非正社員
 6 急がれる地位の改善
第2章 若者の働き方を考える
 1 キャリア教育の落とし穴
 2 広がる「名ばかり」正社員
 3 若者と転職
 4 フリーターという働き方
 5 まん延する「ブラック」企業と若者
 6 やりがいかそれとも労働条件か
第3章 ワーク・ルールを学ぶ
 1 働く、そして暮らす
 2 エンドレス・ワーカーでいいのか
 3 「不払」残業はなぜまん延しているのか
4 長時間労働の悲劇
 5 ホワイトカラー・エグゼンプションは必要か
 6 安全で健康に働く権利
 7 賃金はどう決められるのか
 8 年功賃金は時代遅れなのか
 9 最低賃金で暮らすことは可能か
 10 女性はなぜ差別されるのか
11 「同一労働同一賃金」と「同一価値労働同一賃金」
第4章 ユニオンを活用する
 1 職場の不満やトラブルをどうするか
 2 労働組合はどこへ行ったのか
 3 「クミアイ」と「ユニオン」は違うのか
 4 パワハラ、セクハラとユニオン
 5 若者たちとユニオン
 6 労働組合はどのように生まれたのか
おわりに-ディーセントな働き方が未来を拓く

連想検索によるこの本に関連する書籍

現代日本における労働世界の構図

現代日本における労働世界の構図

高橋祐吉

図説 経済の論点

図説 経済の論点

柴田努+新井大輔+森原康仁 編

図説 教育の論点

図説 教育の論点

久冨善之・長谷川裕・山崎鎮親 編著

「生きづらさ」の臨界

「生きづらさ」の臨界

本田由紀、中西新太郎、後藤道夫×湯浅誠、河添誠 編著