千住真理子とコンサートへ行こう

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

千住真理子

A5判並製/148頁/
定価 本体1,600円+税
発行日 2006年12月25日
ISBN 9784845110025 C2073

真理子がはじめてご案内します。すばらしい音楽の世界を…。名曲解説、真理子の弾きどころ・聴きどころなど、はじめて語る魅力あふれる話。

著者紹介

千住真理子(せんじゅ まりこ) 12歳半よりヴァイオリンを始める。
全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶応義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、1987年ロンドン、1988年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏会としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行なう。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。
1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。2000年デビュー25周年記念CDを発売。NHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」の音楽を兄の千住明氏が担当、千住真理子が演奏し、全国で注目をあびた。
2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。 2003年8月に東芝EMIより移籍第1弾となるCD「カンタービレ」を発売し、高い評価とセールスを記録。2005年はデビュー30周年を迎え、記念アルバム「愛のコンチェルト」を発売。2007年1月には最新アルバム「ドルチェ」を発売。
著書に「聞いて、ヴァイオリンの詩」「母と娘の協奏曲」(ともに時事通信社)他。所属事務所:ジャパン・アーツ

主な目次

はじめに

第1章 コンサートへようこそ

ヴァイオリンの力は無限大です/
「無伴奏」に魅せられて…ヴァイオリンへの本当の挑戦/
ピアノは同志でありライバル/弦楽四重奏は四人で一人前/
室内オーケストラとともに/協奏曲 オーケストラとの共演/
音楽はすばらしい/とにかくライブで聴いてほしい/
わたしのコンサートの楽しみ方/ヴァイオリニストの道へ/
母が考えたユニークな練習法/プロになるということ/
デュランティとの出会い/デュランティを弾くために/
演奏会の醍醐味も味わって/演奏会の一日/
すべてが演奏のために

・イラスト
・コンサートの一日
・ヴァイオリンの基本構造
・ヴァイオリンのはなし

第2章 真理子の名曲弾きどころ・聴きどころ

ヴィヴァルディ/バッハ/ヘンデル/
モーツァルト/ベートーヴェン/パガニーニ/
メンデルスゾーン/シューマン/
ラロ/ブラームス/ヴィエニャフスキ/
サン=サーンス/ブルッフ/チャイコフスキー/
ドヴォルジャーク/フランク/フォーレ/イザイ/
ドビュッシー/グラズノフ/シベリウス/
ラヴェル/バルトーク/プロコフィエフ/日本の曲

・よく演奏されるヴァイオリンの小品
・番外篇 エルガー

第3章 コンサートのへ行こう

ヴァイオリン演奏会事始/コンサートはどれくらい
コンサートはいつ、どこで/全国各地で開かれる音楽祭/
ホールを訪ねて
田園の中に 中新田バッハホール
うつくしい自然のなかに みやまコンセール
都会のオアシス いずみホール
くつろぎの空間で最高の音を しらかわホール
日本の西洋音楽のいしずえ 旧東京音楽学校奏楽堂
銀座のまんなかの音楽空間 王子ホール
ベイサイドの新しい芸術拠点 第一生命ホール
クラシックも邦楽も 紀尾井ホール

・あなたもコンサートを開いてみては

コンサートへ行こう・音楽ホール一覧

千住真理子ディスコグラフィ一覧

連想検索によるこの本に関連する書籍

小松亮太とタンゴへ行こう

小松亮太とタンゴへ行こう

小松亮太

宮本益光とオペラへ行こう

宮本益光とオペラへ行こう

宮本益光

小林研一郎とオーケストラへ行こう

小林研一郎とオーケストラへ行こう

小林研一郎

「緑の時代」をつくる

「緑の時代」をつくる

天野礼子+C.W.ニコル+立松和平