大学破壊

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

全国大学高専教職員組合 編

四六判並製/152頁/
定価 本体1,600円+税
発行日 2009年3月25日
ISBN 9784845111114 C0036

今こそ先進国レベルの公的な高等教育投資を!
2008年ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
基礎的な研究費まで削って管理運営費に廻す、今の国立大学の仕組みはおかしい!

著者紹介

【全国大学高専教職員組合】
国立大学法人、公立大学、国立高専、大学共同利用機関を単位とした組合の連合体で、現在107の教職員組合が加盟しています。よりよい大学・高等教育づくりと、そこで働く教職員の労働条件改善・地位向上のために活動しています。
【執筆者】
伊藤正直(東京大学)、長山泰秀(島根大学)、関本英太郎(東北大学)、南 雄二(鹿児島大学)、村井淳志(金沢大学)、市原宏一(大分大学)、糟谷憲一(一橋大学)、青木宏治(高知大学)、森田和哉(全大教書記長)

主な目次

第1章 「駅弁大学はもういらない」!?
第2章 「大学教授」を目指す若者がいなくなる日
第3章 いつまで続く「研究費獲得コンテスト」地獄
第4章 沈没寸前の国立大学号、乗組員の大脱走が始まった
第5章 高すぎる教育費は少子化・格差再生産の元凶だ
第6章 混迷深める国立大学の近未来

連想検索によるこの本に関連する書籍

日雇い派遣

日雇い派遣

派遣ユニオン+斎藤貴男

今をどう生きる

今をどう生きる

益川敏英・沢田昭二

肩書だけの管理職

肩書だけの管理職

安田浩一+斎藤貴男

図説 労働の論点

図説 労働の論点

高橋祐吉・鷲谷 徹・兵頭淳史・赤堀正成 編著