社会労働大事典(全1巻)

立ち読み

立ち読み機能について

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

法政大学大原社会問題研究所 編

A5判上製・函入り/本文1200頁+カラー口絵16頁
定価 本体20,000円+税
発行日 2011年2月25日
ISBN 9784845111961 C3530

開国から現在まで―。
わが国の近現代史に生起した、社会・労働・政治・法律・教育・福祉などに関わる諸問題を正確に解説!

著者紹介

法政大学 大原社会問題研究所・沿革
 大原社会問題研究所は、社会問題・労働問題の調査研究、外国文献の翻訳、関係図書・資料の収集と公開などを目的として、1919(大正8)年2月9日に創立されました。所長には高野岩三郎博士が就任し、櫛田民蔵、権田保之助、森戸辰男、大内兵衞、久留間鮫造、宇野弘蔵、笠信太郎氏など、当時の新進気鋭の研究者が結集し、労働問題研究や社会調査など未開拓の分野で数多くの先駆的業績をあげました。
 1949(昭和24)年に法政大学と合併して附置研究所となり、1986(昭和61)年には多摩校地に移転しました。今日では、社会・労働問題を中心に和書11万点、洋書5万点、計16万点の蔵書を擁し、エルツバッハー文庫や向坂文庫など特色あるコレクションも多く所蔵しております。
 研究所は、創立の翌年から『日本労働年鑑』を刊行し、社会・労働問題、労働運動の客観的な記録を残してきました。この過程で、政府統計や資料、労働組合・政党・諸社会団体の機関紙誌など、膨大な原資料が蓄積されました。これらの資料や蔵書は全て公開されており、内外の研究者や運動関係者の閲覧に供されています。今日ではホームページ(http://oisr.org)でも利用できます。

著者からのメッセージ

刊行にあたって
 厳しい経済・雇用情勢の下、社会問題や労働問題は今日において大きな時代的課題となりました。それは、現代社会で働き生活するすべての人々にとって、解決が迫られている切実な問題です。そのために役立つものを提供したいと考えた結果、この『社会労働大事典』を刊行することにいたしました。
 これは、大原社会問題研究所の創立90周年記念事業の一環でもあります。当研究所は、1919年2月に、倉敷の実業家・大原孫三郎によって創立され、2009年2月に90周年を迎えたからです。日本の社会科学関連の民間研究所としての最古の歴史と蓄積を生かし、現代的課題の解決に役立つ記念出版として企画させていただきました。
 当研究所は、第80集を数える『日本労働年鑑』を刊行し続けるとともに、旬報社(旧労働旬報社)との共同企画として、『社会・労働運動大年表』(1986年、新版1995年)、『日本の労働組合100年』(1999年)、『日本労働運動資料集成』(2007年)などを編集・刊行してきました。今回の企画は、これらの刊行物の成果、とりわけ『社会・労働運動大年表』、『日本の労働組合100年』の事項・人物・刊行物解説を生かし、1858年から2010年までの歴史的出来事、社会・労働にかかわる基本用語を小項目事典方式で編集するというものです。
 中心となるのは労働・社会問題やそれに関連する運動など、出来事や事件の解説ですが、それを取り巻く政治、行政、法律、裁判、経済、産業、企業、経営、労務、文化、思想、出版、人物など、できるだけ幅広い項目を収録するように心がけました。時代は開国から今日まで、地域は日本だけでなく国際および各国の動向にいたるまで、主要な社会・労働関連の項目について解説しています。
 本書をひもとくことによって、個々の事項の意味や意義だけでなく、相互の関連や事実の経過を詳しく知ることができるでしょう。本書が、多くの研究者・教育者、社会・労働問題に携わる実務家・活動家、今日の社会・労働問題の解決を望むすべての人々に活用されることを願っています。
法政大学大原社会問題研究所 所長 五十嵐 仁

次の方々におすすめします

1.社会政策、労働問題、労働法、労働経済、近現代史、政治、経済、法律、社会、社会保障・福祉、教育、労使関係などを専攻している研究者の方々に。
2.大学・短大の総合図書館と学部図書館、付属研究所や資料室に。
3.高校の社会科の先生方や社会科準備室、高校図書館に。
4.公共図書館、専門図書館、議会図書館に。
5.労働組合や労働問題研究機関。経営者団体やマスコミ関係の資料室に。
6.弁護士や全国の議員の方々に。

連想検索によるこの本に関連する書籍

日本労働運動資料集成 〔全13巻+別冊索引〕

日本労働運動資料集成 〔全13巻+別冊索引〕

大原社会問題研究所 編

日本労働年鑑 

日本労働年鑑 

法政大学大原社会問題研究所 編

日本労働年鑑

日本労働年鑑

法政大学大原社会問題研究所 編

日本労働年鑑

日本労働年鑑

法政大学大原社会問題研究所 編