津波からの生還 (東日本大震災・石巻地方100人の証言)

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

三陸河北新報社「石巻かほく」編集局 編

四六判並製/468頁
定価 本体1,500円+税
発行日 2012年7月25日
ISBN 9784845112746 C0036

巨大な波に翻弄されたあの日、何が生死をわけたのか、人びとの記憶から明らかになる津波の真実!
早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞受賞の連載「私の3・11」を書籍化!

著者紹介

三陸河北新報社「石巻かほく」編集局
三陸河北新報社は1980年河北新報社の姉妹会社として設立。以後石巻地方の情報を満載した日刊の地域紙「石巻かほく」の発行を続ける。同紙は地域に密着した地域紙として石巻地方2市1町を販売エリアに47000部(創刊30周年〔2010年4月〕時点)を発行。2011年の東日本大震災で大幅に部数を減らしたものの2012年3月には40000部まで回復している。

「はじめに」より

 本書は、三陸河北新報社が石巻地方(石巻市、東松島市、女川町)で発行する日刊紙「石巻かほく」に「私の3・11」のタイトルで掲載した、被災者のインタビューシリーズです。東日本大震災から3ヵ月たった昨年6月から約9ヵ月にわたって100回連載したものを、ほぼそのまま掲載しています。

 「石巻かほく」は東北6県をエリアとするブロック紙「河北新報」に折り込んで月額200円で配達される地域紙です。1980年4月21日の創刊で、今年5月30日で紙齢1万号を数えました。
 震災時は本社ビルが津波で被災、2日間、「石巻かほく」の発行ができませんでしたが、3日目から復刊、最初は避難所を中心に配達、約1ヵ月後から徐々に戸別配達を復活させていきました。
 震災前に4万6000部あった部数は、石巻地方が、犠牲者5700人を超える大震災最大の被災地となったため、3万2200部まで落ち込みました。しかし、1年たった今年3月には4万部まで回復しました。震災で多くの読者とともに記者や販売店も被災する中で、紙面を作り続け、配り続けたことが、新聞への信頼につながったものと思っています。

 「私の3・11」は、震災後の未曽有の混乱の中で、最大の被災地の地域メディアができることは何か、被災地にいちばん密着した私たちだからできることは何かと考えた末に生まれた企画です。
 あの日、さまざまな現場で九死に一生を得た人びとを中心に、大津波に襲われた生の証言を、紙面が許す限り詳しく掲載すること。その体験を地域で共有していくことこそが、これからの大津波への大きな備えになると考えました。取材が難航するたびに、記者たちを前へと突き動かしたのは、不運にも命を奪われたみなさんの思いにもきっとかなうはずだという確信でした。

 被災の状況を伝える写真、浸水地域の地図や被災状況の表を収録することで、津波の全容が伝わるように努めました。地域の読者しか想定していない記事ですので、多少説明不足のところもあるかとは思いますが、そこはご容赦ください。
 できれば何年か後に、ここに登場していただいた方々にまたお会いし、地域にとって大震災とは何だったのかをあらためて考えてみることも、私たちの仕事ではないかと思っています。

  2012年6月
三陸河北新報社代表取締役社長  西川善久

書評・記事掲載情報
「日本経済新聞」(2012年8月5日付書評欄)
「高知新聞」(2012年8月5日付書評欄)
「岐阜新聞」(2012年8月7日付)
「河北新報」(2012年8月7日付)
「東京新聞」(2012年8月10日付)
「河北新報」(2012年8月12日付書評欄)
「中国新聞」(2012年8月12日付書評欄)
「茨城新聞」(2012年8月12日付書評欄)
「琉球新報」(2012年8月12日付書評欄)
「文化通信」(2012年8月13日付)
「静岡新聞」(2012年8月19日付書評欄)
「京都新聞」(2012年8月26日付書評欄)
「下野新聞」(2012年8月26日付書評欄)
時事通信・書評記事(2012年9月1日配信)
「ゲンダイ」(2012年9月4日付「NEWSを読み解く今週のキーワード」)
「産経新聞」(2012年9月29日付「書評倶楽部」評者:女優・東ちづるさん)
「沖縄タイムス」(2012年10月7日付)
「熊本日日新聞」(2012年10月9日付)
「佐賀新聞」(2012年11月4日付)
「長崎新聞」(2012年11月11日付)

連想検索によるこの本に関連する書籍

SURVIVING THE 2011 TSUNAMI

SURVIVING THE 2011 TSUNAMI

Editorial Office of The Ishinomaki Kahoku
A Daily Newspaper of Sanriku Kahoku Shimpo

波よ鎮まれ

波よ鎮まれ

沖縄タイムス「尖閣」取材班 編

日本の現場

日本の現場

高田昌幸+清水真 編

Q&Aまるわかり集団的自衛権

Q&Aまるわかり集団的自衛権

半田 滋