首都大地震 揺れやすさマップ

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

目黒公郎 監修/遠藤宏之 著

A4判並製/140頁
定価 本体1,800円+税
発行日 2013年10月10日
ISBN 9784845113262 C2036

あなたのまちはなぜ揺れるのか! 
東京23区・横浜・川崎・千葉・松戸・大宮・浦和など60地域を掲載。
大正時代の地図と現在の最新地図を使って、住んでいる場所の特徴と揺れやすさが分る。
災害リスクに備えるために必携の一冊!

著者紹介

【監 修】
目黒公郎(めぐろきみろう)

 東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター長/教授。東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター教授。中央防災会議専門委員ほか、多数の省庁や自治体、ライフライン企業等の防災委員、国際地震工学会「世界安全推進機構」理事、日本自然災害学会理事、地域安全学会理事、日本地震工学会理事、日本活断層学会理事などを歴任。専門は、都市震災軽減工学、防災戦略論。構造物の破壊シミュレーションから防災の制度設計まで幅広く研究。途上国の地震防災の立ち上げ運動にも参加。内外の30を超える自然災害・事故の現地調査を実施。「現場を見る」「実践的な研究」「最重要課題からタックル」をモットーとする。 
 主な編著書は『被害から学ぶ地震工学−現象を素直に見つめて−』(鹿島出版会)、『地震のことはなそう(絵本)』(自由国民社)、『東京直下大地震 生き残り地図』、『間違いだらけの地震対策』(以上、旬報社)、『ぼくの街に地震がきた(コミック)』、『じしんのえほん(絵本)』(以上、ポプラ社)、『大地震 死んではいけない』(アスコム)、『緊急地震速報』(東京法令出版)など多数。

【著 者】
遠藤宏之(えんどう ひろゆき)

 本書地図面8〜127頁解説執筆。地理空間情報アナリスト。地図会社を経て、現在は「GIS NEXT」副編集長。土地条件図の作成にも従事した。主な著書に『地名は災害を警告する』(技術評論社)、『みんなが知りたい地図の疑問50』(共著・ソフトバンククリエイティブ)など。

「はじめに」より

はじめに
―なぜ、土地・災害・地名の歴史を知ることが大切なのか


 2011年3月11日に発生した東日本大震災は大きな衝撃と深刻な被害を日本国民に与えました。2年5か月経った今も復興の道筋が見えていない被災地も少なくありません。首都圏に暮らす人々にとっては、首都直下地震や東海・東南海・南海地震がいつ起こるのか、その時どうなるのか、という関心と不安がより切実なものとなっています。
 2012年4月に公表された「首都直下地震等による東京の被害想定」では都内の一部が震度7に、同年8月に発表された「南海トラフの巨大地震の被害想定」では死者数が最大32万3000人になると予測されました。その後も自治体を含めさまざまな被害想定が発表されています。ところで被害の原因となる「揺れ」は何によって決まるのでしょうか。
 私は、防災対策の基本は「災害イマジネーション」にあると常々訴えてきました。災害イマジネーションとは、災害発生時のさまざまな条件を踏まえたうえで、その後の時間経過の中で、自分のまわりで起こる出来事を具体的に想像、イメージできる能力です。人間はイメージできない状況に対して、適切な心構えや準備、対応をすることは絶対にできません。また、災害イマジネーションを高めるうえで、日常生活をおくる地域の揺れの程度やその理由を知っておくことはとても大切です。それによって、建物の補強や住居地の選択の際に気をつけるべき点も明かになります。
 本書では、�地盤や地形の特徴、�関東大震災と東日本大震災での震度、�過去・現在の地名の3つのアプローチから、その場所がどの程度揺れる可能性があるのか、その理由も合わせて考えていきます。

主な目次

はじめに―なぜ、土地・災害・地名の歴史を知ることが大切なのか
「首都大地震 揺れやすさマップ」活用ガイド

首都大地震 揺れやすさマップ
01さいたま新都心、大宮/02さいたま見沼/03さいたま秋ヶ瀬/04さいたま浦和/05新座、野火止、朝霞台/06朝霞、和光、成増/07戸田、高島平、浮間舟渡/08川口、赤羽/09舎人、竹の塚、西新井/10八潮、加平/11水元公園、松戸/12馬橋、八柱、常盤平/13保谷、大泉学園、東伏見/14光が丘、石神井公園/15練馬、江古田、小竹向原/16池袋、板橋、王子/17日暮里、尾久、千住/18綾瀬、亀有、立石/19青戸、高砂、金町、小岩/20国分、東松戸/21吉祥寺、三鷹/22杉並、荻窪、阿佐谷、久我山/23中野、方南町、西新宿/24新宿、赤坂、飯田橋/25上野、浅草、日本橋、丸の内/26大島、錦糸町、東京スカイツリー/27江戸川、船堀、瑞江/28行徳、本八幡、西船橋/29船橋/30習志野/31稲毛、花見川/32調布、狛江、登戸/33祖師谷、成城、経堂、千歳烏山/34三軒茶屋、下北沢、中目黒/35渋谷、六本木、白金/36銀座、築地、お台場/37新木場、東陽町、砂町/38浦安、葛西/39新浦安、塩浜/40新習志野、ふなばし三番瀬海浜公園/41幕張/42千葉みなと、稲毛海岸/43千葉/44宮前、たまプラーザ、宿河原/45高津、溝口、二子玉川/46田園調布、自由が丘/47大森、大井町/48中央防波堤/49荏田、港北ニュータウン/50日吉、綱島/51鹿島田、矢向/52川崎、蒲田/53羽田空港/54鴨居、羽沢/55新横浜、六角橋、子安/56鶴見/57扇島/58保土ヶ谷、東戸塚/59横浜/60本牧、大黒ふ頭/

関東大震災の震度分布
東日本大震災の震度分布
地名から知る危険な地域
イラストで知る災害と仕組み
首都圏の液状化予測地図
首都直下地震の震度予測地図
南海トラフ地震の震度予測地図
縄文海進と首都圏の地形

連想検索によるこの本に関連する書籍

間違いだらけの地震対策

間違いだらけの地震対策

目黒公郎

東京直下大地震 生き残り地図  <br>

東京直下大地震 生き残り地図

目黒公郎

<!--お-->大事だね! 地図からわかる&考える 防災と安全

大事だね! 地図からわかる&考える 防災と安全

加藤哲三・小林みゆき 監修

天の川銀河の地図をえがく

天の川銀河の地図をえがく

郷田直輝