江戸時代の先祖と出会う 自分でつくれる200年家系図

立ち読み

立ち読み機能について

amazon.co.jpで購入する

書籍のご注文について

橋本雅幸

B5判並製/112頁
定価 本体1,400円+税
発行日 2015年2月25日
ISBN 9784845114023 C2078

江戸の先祖から続く200年家系図を作ってみませんか。
自分自身を見つめ直したい人、終活をはじめたい人にもおすすめの一冊。
大きな字で読みやすく、初心者でも家系図作成のコツがみるみる身につきます。

著者紹介

橋本雅幸(はしもとまさゆき)
1974年神奈川県出身。司法書士事務所勤務を経て2006年に行政書士開業。
以来、戸籍調査、文献調査、現地調査を中心に1000件以上の家系図作成を手がけている。
よみうりカルチャー横浜にて家系図作成講座を担当。わかりやすい解説で受講者から「ルーツを知る喜びが実感できた」と好評を得ている。

著者からのメッセージ

『自分でつくれる200年家系図』サンプル戸籍のダウンロード

『自分でつくれる200年家系図』の2章「戸籍を読み解く」に掲載されている戸籍は
こちらよりダウンロードできます。
実物大の戸籍を手元に置きながら読むと、さらに理解しやすくなります。

29ページ 江戸憲太 その1(PDF:33KB)

31ページ 江戸憲太 その2(PDF:40KB)

33ページ 江戸憲太 その3(PDF:35KB)

35-37ページ 江戸万吉(PDF:241KB)

41ページ 江戸榮助(PDF:182KB)

43.45.46ページ 江戸幸藏 その1(PDF:431KB)

47ページ 江戸幸藏・まつ(PDF:68KB)

49.51ページ 江戸幸藏 その2(PDF:139KB)

55.57-59ページ 江戸亀藏(PDF:318KB)

63.65ページ 江戸又藏(PDF:101KB)

「はじめに」より

はじめに―――なぜ戸籍なのか?
 この本を手にとっていただいた方の多くは、「自分のルーツを知りたい」と思っていることでしょう。それは先祖を大切にしてきた日本人に共通する感覚なのかもしれません。
 では、ルーツを知るためにどうしたらよいのでしょうか?
 親や親族にたずねても限界があります。周りに年長者がいないという人もいるでしょう。そんなとき、ルーツを確実に知る手段、それこそが戸籍なのです。戸籍制度は明治初期に確立し、以後、途絶えることなく続いています。そのため、現代を生きる私たちも、戸籍を取り寄せることで二〇〇年前の江戸時代を生きた先祖を知ることができるのです。
 家系図の作成方法はさまざまありますが、戸籍を取り寄せ、読み解く方法がもっとも手軽で確実です。家系図作成の専門家もまず戸籍を調べます。家系図を作ろうと思ったら、戸籍からはじめることをおすすめします。
 とはいえ、戸籍と言われても、ふだんの生活ではほとんどなじみのないものですから、なんだか難しそうに感じるかもしれません。
 けれど、心配はいりません。基本的な知識とちょっとしたコツを身につければ、まったくはじめての人でも戸籍は読めます。また、この本では江戸家という架空の一族の先祖をたどることで、楽しみながら、知らず知らずのうちに戸籍を読み解く力がつけられるようにも工夫しています。
 家系図作成を代行してくれる専門業者はたくさんいます。けれど、私は自分自身で戸籍を取り寄せ、知らなかった先祖についてご本人が少しずつ知っていくことが、家系図作成の一番の魅力だと感じています。作成にあたっては、先祖の戸籍をさかのぼっていくことになりますが、役所から戸籍が送られてくる間、先祖について想いを馳せ、あれこれ想像をめぐらすことはとても楽しい経験です。
 また、情報が徐々に明らかになっていくにつれ、先祖をより身近に感じる喜びも実感できます。戸籍を眺めているだけで、そうした方々の暮らしぶりが目に浮かぶ。そんな感覚だって味わえるかもしれません。
 いままで知らなかった先祖の名前を知る。ただそれだけなのに、なぜかとても温かい気持ちになれます。二〇〇年前から綿々とつながる見えない絆を感じ、いまの自分自身という存在を見つめ直す。家系図にはそんな力もあるのではないでしょうか。
 できあがった家系図は、ぜひ未来の子孫にまで伝えてください。一〇〇年先、 二〇〇年先の子孫もあなたと同じように、その家系図からたくさんの力をもらうにちがいありません。

主な目次

はじめに  なぜ戸籍なのか?

1章 戸籍に親しむ
戸籍ってなに?
  先祖をさかのぼるための"旅の切符"
戸籍の形態
  新旧と効力の有無で三つに分類/「現戸籍」「除籍」「改製原戸籍」
戸籍の種類
  法律の改正ごとに戸籍も改製/明治から平成まで五つの様式
戸籍の数
  転籍や改製で増えていく戸籍/家系図作成では全部を取り寄せる
戸籍の取り方
  自分、父母、祖父母と直系をたどる
戸籍の保存状況
保管期間が切れ廃棄された場合も/たどれない場合は系統を変える
戸籍の判読
  変体仮名やくずし字なども多い/読めない場合は役所にたずねる
【コラム】家系図づくりにも役立つ「軍歴証明書」

2章 戸籍を読み解く
江戸家のルーツをたどる
  先祖の戸籍をさかのぼっていく
本人・江戸憲太の戸籍を読む
 その① いよいよ戸籍をたどる旅のはじまり!
本人・江戸憲太の戸籍を読む
 その② 法改正によって新しく作られた戸籍
本人・江戸憲太の戸籍を読む
 その③ 結婚と同時に作成した最初の戸籍
父・江戸万吉の戸籍を読む
  父が再婚していたことが判明!
ここまでの家系図1
祖父・江戸榮助の戸籍を読む
  戦前と戦後をまたぐ戸籍の注意点
曽祖父・江戸幸藏の戸籍を読む
 その① 「家」を単位とする大正四年式戸籍
曽祖父・江戸幸藏の戸籍を読む
 その② 「分家」でできた明治三一年式戸籍
ここまでの家系図2
曽祖父兄・江戸亀藏の戸籍を読む
  曽祖父幸藏の兄である亀藏の戸籍
ここまでの家系図3
高祖父・江戸又藏の戸籍を読む
  江戸末期の先祖の名前がわかった
完成! 江戸家八代の家系図
【コラム】屋敷番号から先祖の居住地を知る方法

3章 戸籍以上をさかのぼる
さまざまな手法
  血縁よりも家としてのルーツ探し
総本家や親戚に聞く
  現地を訪ね、祖先の情報を得る/図書館や教育委員会にも手がかり
菩提寺を訪ねる
  過去帳や墓誌を見せてもらう/お寺と疎遠な場合は本家を通じて
古文書を調べる
  先祖が庶民なら宗門人別帳を/武家の場合は分限帳・由緒書も
名字を調べる
  地名・地形・役職などに由来/ルーツ探しの手がかりとなることも
家紋を調べる
  二万種類もあるといわれる家紋/同族が必ずしも同じ紋ではない
【コラム】資料調べに役立つ国立国会図書館

4章 家系図の書き方
手書きかパソコンか
  直筆の手書きは想いまで伝わる/パソコンはきれいで修正もラク
家系図の種類 縦系図
  縦にも横にも自由にレイアウト/情報をまとめるのに最適な形
家系図の種類 横系図
  直系がひと目でわかる伝統的家系図/新しい世代を書き足してゆきやすい
用紙を選ぶ
  サイズは大きめのA3がよい/長期保存を考えて和紙を使う
人物と罫線の表記
  ルールを守れば見やすい家系図に
美しく書くコツ
  名前を付箋に書いてレイアウト/必ず下書きをしてから清書する
家系譜をまとめる
  生没年・本籍地などの情報は別紙に
家系図の表装
  額装、巻物などにして保存しておく/プロに頼めばより美しい仕上がりに
【コラム】先祖ゆかりの地への旅

〈巻末付録〉
  戸籍でよく見かける異体字
  戸籍でよく見かける変体仮名

連想検索によるこの本に関連する書籍

豊かな節約暮らし

豊かな節約暮らし

丸田潔+稲毛由佳 著

せんせいのつくり方

せんせいのつくり方

岩瀬直樹+寺中祥吾 著  プロジェクトアドベンチャージャパン 監修

小松亮太とタンゴへ行こう

小松亮太とタンゴへ行こう

小松亮太

生前準備の基礎知識

生前準備の基礎知識

本田桂子