(デジタルライブラリー)労働法律旬報(1号,2号)

労働法律旬報(1号,2号)
旬報社創立以来刊行し続けている「労働法律旬報」の創刊号と第2号。
「旬報300号を貫く第一義的なものは労働者の権利を守るという『人民の法律』(1949年8月1日創刊、平野義太郎監修、全国労組法規対策協議会・民科法律部会・自由法曹団共同編集)以来の念願であるといってよい。
労働者の権利は、もともと立法により、行政により或は裁判によって守らるべきであるにかかわらず、必ずしも守られていないばかりか、かえって弾圧を加えられたり、不当な法解釈によって不当な制限を加えられたりした。そのような場合には旬報は決して沈黙しなかった。また、資本が経済的優位に乗じて労働条件を切り下げ、首切りを行い、団結を侵害することによって労働者の利益や権利を奪おうとするとき、旬報は労働法に照して資本の横暴をとがめ、或は法上の権利を事実上の具体的な利益として労働者が手中に獲得するためにはどのような方向に進みどのような方法をとるべきかを研究した。そして、労働運動における成功や失敗の経験をすべての労働者の共有の宝とするために旬報は資料やレポートのためにも多くのスペースを割いている。」
「労働者の権利と利益を守るためには、労働者は労働者としてのなすべき(なさざるを得ない、といってもよい)行動の原理を身につける必要がある。官製の労働者像には労働者の権利は結びつかないのである。旬報は300号を通じて、労働者の権利を明らかにしてきた。いまや権利の主体たる労働者そのもの、団結そのものを明らかにする課題に取りくんでゆかなければならぬ」 (300号記念にご執筆いただいた沼田稲次郎先生の「労働法律旬報の良心と力」よりの抜粋)。
PDFファイル一覧
ページ 収載内容   サイズ
1~
10
第1号-前半 書籍を読む 1.5MB
11~
18
第1号-後半 書籍を読む 1.0MB
19~
25
第2号-前半 書籍を読む 1.0MB
26~
34
第2号-後半 書籍を読む 1.3MB

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加