外国労働判例研究215フランス

労働組合訴権は当事者たる従業員代表機関の訴えとは独立して行使されうるか―破毀院社会部2015年12月14日判決=小山敬晴(1878)[2016.12.下旬]

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加