1870号(8月下旬号)

萬井隆令「書評・本庄淳志『労働市場における労働者派遣法の現代的役割』」のなかで、濱口桂一郎氏の指摘として紹介した文章は、著者の誤認でした。お詫びして、当該部分(47頁最下段第2パラグラフの最初から6行の「…指摘される」まで(注(12)を含む)を削除します。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加