『平常心のレッスン。』刊行記念 岡本美鈴さん講演会

『平常心のレッスン。――カナヅチでフツーのOLだったわたしがフリーダイビングで世界一になれた理由』の刊行を記念し、著者でフリーダイビング金メダリスト岡本美鈴さんが講演会「今を生きるために! ぶれない心のつくり方」を開催します。ふるってご参加ください。

『平常心のレッスン。』刊行記念
岡本美鈴さん講演会 
「今を生きるために! ぶれない心のつくり方」


 日 時:2017年11月19日(日) 14時~(開場13時30分)
 会 場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

◆何をやってもフツー。とくに取り柄もない。そんなどこにでもいるひとりの女性、岡本美鈴の運命を変えたのが地下鉄サリン事件。「明日はかならずくるわけじゃない」。ここから彼女の新しい人生がはじまります。
◆その後フリーダイビングと出会い、カナヅチだったにもかかわらず、日本人初の金メダリストという偉業を達成。その軌跡を記した著書『平常心のレッスン。』の発売を記念し、フリーダイビングの魅力、極限の世界で勝負を左右するメンタルの鍛え方について、著者が野田幾子氏(カメラマン)、担当編集者らと一緒にトークをおこないます。
◆どうしたら自分を変えられるのか? “ぶれない心” をつくれるのか? 誰にでもできる著者独自のメソッドはビジネスパーソン、学生、教育関係者などにも多くのヒントを与えてくれるはずです。

岡本美鈴(おかもとみすず)
東京都出身。26歳のとき、テレビで偶然見た小笠原の海に魅せられる。イルカと泳ぐことを夢見たが,当時はカナヅチ。地下鉄サリン事件との遭遇、卵巣嚢腫の悪化など、命をおとしかけた経験を持つ。その後、30歳でフリーダイビングを始める。持ち前の探究心で次々に記録を伸ばし、2006年には日本記録を樹立。2015年の世界選手権で、日本人初となる個人戦・金メダリスト、世界チャンピオンになる。現在も日本代表として世界各地を転戦しながら、講演などを通じ、海とフリーダイビングの魅力をみんなに伝え続けている。愛称は〝みみずん〟。

〈司会〉井ノ口栄美(NPO法人ELNA)
〈友情出演〉野田幾子(カメラマン)・熊谷 満(編集者) 


参加方法
▼参加定員:80 名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
▼申込方法:八重洲ブックセンター1階カウンターにてお申込みを承ります。
      ☆お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)
      ※対象書籍のご購入は、イベント当日でも構いません。
▼対象書籍:『平常心のレッスン。』(本体1400円+税、好評発売中))
       ※お預かりした個人情報(氏名・電話番号)は、お申込みの講演会が中止、もしくは日時が変更になった場合のご連絡のみに使用致します。

主催:八重洲ブックセンター 
協賛:旬報社、キヌガワ、スズキマリン 
協力:Tamaki corporation、NPO ELNA、ロッキーマリン、Sports Gain

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加